あなたのダイエット法、ホントにあなたに合っていますか...

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事広告について肯定派と否定派は約半数ずつ――リビジェン調査
2014-04-11 14:39

効果的に、モデルのように綺麗に痩せる方法は、
実はとってもシンプルなものだったのです。

Baidu IME_2013-6-21_10-12-7


ちょっと食べただけで太る人であろうと、
何度もリバウンドを繰り返してしまっている人であろうと、
産後太りや中年太り、更年期太りであろうと、
ハードな運動や厳しい食事制限など一切なしで、
「食べても太らない」「リバウンドを恐れることはなくなる」といった
脂肪燃焼体質=モデル体質へと変えていきます。
その手法とは、

①食事法を変える

②日常生活に無理なく取り入れられる運動をする

③ある要素を活性化する

☆一ヶ月で効果が出るダイエット法こちら☆

こんにちは、訪問ありがとうございます。

スポーツマンミッチーです。





記事広告について肯定派と否定派は約半数ずつ――リビジェン調査


ITmedia Mobile 4月11日(金)12時16分配信








 リビジェンは、アンケートアプリ「スマモニ」ユーザーに対する「記事広告」についての調査結果を発表した。4月9日にスマートフォン経由のインターネット調査を実施し、対象は全国の10代~30代の一般男女500人。500サンプルの有効回答数を得ている。

【グラフ:記事風の広告についての考え、ほか】

 知っているニュースアプリについて質問したところ、「Gunosy」が18.4%、「Antenna」が13.6%、「SmartNews」が15%、「Flipboard」が4.4%、「LINE NEWS」が33.4%、「NewsPicks」が1.8%、「このなかにはない」が46.2%。利用しているニュースアプリについては、「Gunosy」が5.8%、「Antenna」が3%、「SmartNews」が8.4%、「Flipboard」が1.6%、「LINE NEWS」が10%、「NewsPicks」が0.4%、「このなかにはない」が74.8%となった。



 記事風の広告(編集記事ではない記事広告・PR記事)については、「面白かったりタメになるものであれば構わない」(51.4%)、「ふつうの記事のように見せかけた広告は好ましくない」(48.6%)と、肯定派と否定派が約半数で分かれる結果に。記事風の広告かどうかの判別をしながら記事を読んでいるかという問いには、45.6%が「判別しながら読んでいる」、54.4%が「判別しながら読んでいない」と答えている。



 途中でニュースや記事が広告だと気づいた時、不快に思ったことがあるか質問したところ、「ある」が54.2%、「ない」が45.8%となった。「ある」と答えた理由については、「だまされた気分になる」「広告目的の記事は内容にあまり信ぴょう性が持てず、読んだ時間が無駄になったと感じる」といった意見が挙がっている。



 記事風の広告で紹介されていた広告商品の購入経験については、「購入したことがある」が6.4%、「購入したことはない」が93.6%。購入商品としてはダイエット食品やサプリメント、スキンケアのお試しセット、家電などが挙がっている。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140411-00000034-zdn_m-prod
※この記事の著作権は配信元に帰属します


☆一ヶ月で効果が出るダイエット法こちら☆






では、また。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://mithufour.blog.fc2.com/tb.php/391-609f8a33
トラックバック
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。