FC2ブログ

あなたのダイエット法、ホントにあなたに合っていますか...

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンブー淳「6日間断食」本当の理由
2014-01-31 10:16

ダイエットの成功の鍵は「ある要素」

ダイエット成功の要素のうち、「食事」と「運動」が占めるのが10%だとすると、

「ある要素」が90%を占めると言われています。


ダイエット成功のカギを握る「ある要素」を味方にし、
綺麗に痩せることを実現する。

ダイエットは食事運動を頑張ってして、苦しくなればやめる。

食欲が出てくれば、食べてしまう。


ダイエットの失敗は、リバウンドです。

【トータルビューティーワーク】は、「ある要素」の活性化に重点を置いています。

この「ある要素」こそが、あなたのダイエットを加速させ、リバウンドをしない身体、

いわゆるモデル体質へと変えるトータルビューティーワークの最大のポイントです。

適正体脂肪率

Baidu IME_2013-6-23_23-38-25

☆一ヶ月で効果が出るダイエット法こちら☆


こんにちは、訪問ありがとうございます。

スポーツマンミッチーです。




ロンブー淳「6日間断食」本当の理由


東スポWeb 1月31日(金)8時48分配信










ロンブー淳「6日間断食」本当の理由


結婚したものの、将来への不安を抱えていた淳





 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(40)が断食道場に通ったのは“自身のナイフを磨く”ためだった。淳はフェイスブックで、正月休みを利用して6日間断食したことを明かしたが、公式に発表した理由とは別に、芸人として危機感を抱いているという。昨年9月に結婚し、公私ともに充実して落ち着いたかに思われた淳が、何かしでかしそうだ。



 淳がフェイスブックに書き込んだのは今月11日。正月休み中に6日間、断食道場に通ったという。目的はダイエットではなく「体の老廃物を除去するため」。水と酵素だけを口にする過酷なもので、当初は頭も体もフラフラになるほどだったが、終わってみれば体重5キロ減、生まれ変わった姿に変身していた。



「辛かったけど、身体の中からリフレッシュできた感じです(中略)何故俺はこんな事してるんだ?と自問自答して苦しみましたが、終わってみれば、その達成感と身体の調子の良さに大満足!」(フェイスブックから)



 ある芸能プロマネジャーは「淳さんはもともと健康管理には気をつけていますし、体を鍛えることが嫌いじゃない。あの年齢にしたらスリムでしょ? かつてテレビ朝日『ロンドンハーツ』で青木さやかをパリコレに出すドッキリをやったとき、淳さんも青木と一緒にジムに通ったぐらいですからね」と語る。



 だが、今回の断食の本当の理由は他にあるという。淳を知るテレビ関係者はこう明かす。



「今、淳さんは芸人として危機感を抱いているんです。昨年、かわいくてこれ以上ないできた奥さんと結婚して自分が丸くなってしまうのではないかと。勢いのある後輩が出てくると余計に、かつてとがっていた自分を思い出すらしい。今回の断食道場も、ある種のハングリーさ、メンタル的な飢えを取り戻すためなんですよ」



 確かに、最近の淳は安定的な仕事をしている半面、何をやらかすか分からないかつての危うさに欠ける。ツイッターのつぶやきも正論ばかりだ。根は真面目な性格なのだろうが、結婚して守りに入ったと言われても仕方がない。



 それだけに、同テレビ関係者は「断食道場に効果があるか分からないけど、芸人なんだからもっと大暴れしていいんじゃないの。毎週『フライデー』されるぐらいでちょうどいいと思うんだよね」と辛口で激励する。



 妻・香那さん(30)と交際中に一度破局した理由は「何でも受け入れる彼女の優しさに甘えて、芸人としてダメになると思ったから」(香那さん)とされる。



「結婚したら、なおのこと彼女のためにとがってないといけない」と同テレビ関係者。心身ともにリフレッシュした淳の今後の暴れっぷりが期待できそうだ。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140131-00000001-tospoweb-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します


☆一ヶ月で効果が出るダイエット法こちら☆






では、また。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://mithufour.blog.fc2.com/tb.php/336-cef5725e
トラックバック
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。