FC2ブログ

あなたのダイエット法、ホントにあなたに合っていますか...

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これでライバルに立ち向かう準備が出来た。プジョー208「Pure Tech」搭載車登場
2014-01-10 08:32

基礎代謝量が上がり痩せやすい体になる。

ダイエットの本質、「基礎代謝量の不足」です!

基礎代謝は、呼吸や体温調整など生命を維持するために消費されるエネルギーで、

眠っている間でも消費されています。
水着

しかも、基礎代謝は消費される全エネルギーの約70%も占めています。

そこで、「ある要素」を活性化させることで、基礎代謝量を上げることができるし、常に消費エネルギー量が増える、

脂肪燃焼体質になるのです。

痩せやすい体になるのです。

☆一ヶ月で効果が出るダイエット法こちら☆


こんにちは、訪問ありがとうございます。

スポーツマンミッチーです。




これでライバルに立ち向かう準備が出来た。プジョー208「Pure Tech」搭載車登場


エコノミックニュース 1月9日(木)21時18分配信










これでライバルに立ち向かう準備が出来た。プジョー208「Pure Tech」搭載車登場


新エンジン+ETG5+ストップ&スタート機構を組み合わせたパワートレーンを「Pure Tech」搭載するプジョー208シリーズ





 以前、「プジョー車は悪いクルマではないが、フィアットのパンダ、C500に相当するプジョー208が難しい立ち位置にいる」と記したことがある。エントリーモデルが5速マニュアル(MT)車だけの設定で、2ペダルモデルがなかったからだ。モデルラインアップは非常に多くて選択肢が豊富に見えるプジョー・ブランドだが、「戦略的なモデルが見当たらない」とも。



 しかし、年明け早々に「これら前言を撤回しなければいけない」事態となった。これまで2012年の秋にモデルチェンジした新型プジョー208に搭載した新開発の1.2リッター3気筒エンジンは、前述のように5MTを組み合わせた3ドアハッチバック(HB)の「208Alure」だけだった。が、この新開発エンジンにストップ&スタート機構(アイドリングストップ)と新開発のトランスミッションETG5を組み合わせたモデルを発表した。



 プジョー・シトロエン・グループの次世代エンジンである1.2リッター3気筒ユニットは、可変バルブタイミング機構を備え、燃焼効率を上げるためピストンにカーボンコーティングを行い、バランサーシャフトによって振動・騒音を抑えている。このエンジンの出力&トルクは1.2リッターのキャパシティながら82ps(60kW)/5750rpm、11.6kg.m(118Nm)/2750rpmを発生。なかでも最大トルクの発生回転が低いことが特徴である。



 新開発トランスミッションETG5はオートマティックモードを備えた2ペダルで、エフィシェント・トロニック・ギアボックスの略。欧州車のコンパクトモデルで多数派となったマニュアルギアボックスベースの2ペダル仕様。勾配3%以上の坂道で作動するヒルスタート・アシスト機能が追加され、ステアリングにはパドルシフトが備わる。



 プジョーでは新エンジン+ETG5+ストップ&スタート機構を組み合わせたパワートレーンを「Pure Tech」と呼称して、ラインアップを拡充する構えだ。



 Pure Techの投入によってプジョー208から1.6リッター+4速オートマティック車が消滅し、1.6リッターモデルは、ターボエンジンを搭載したGTiだけが6MTとの組み合わせでラインアップされる。これによって1.2リッターモデルは従来の1.6リッター車に比べて70kgのダイエットに成功。Pure Tech 搭載車のJC08モード燃費は19.4km/リッターを達成した。



 この新型Pure Tech搭載車を搭載した208の価格は212.0万円から240.0万円。安全・快適装備に不満は無く、これでVWポロやフィアット500など欧州製A・Bセグメントのライバルと戦う準備が整ったといえる。(編集担当:吉田恒)





Economic News







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140109-00000046-economic-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します


☆一ヶ月で効果が出るダイエット法こちら☆






では、また。


スポンサーサイト

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。